2017年10月31日

週末情報【益子秋の陶器市】

文化の日の祝日、北関東情報です。

陶器の町、益子で毎年春と秋に開かれる陶器市、今回は100回目となるそうです。木曜から土曜まで開催される市の間、益子町内のいたるところで、作家の作品展ほかさまざまなイベントが繰り広げられます。

東京高円寺から、江戸っ子連も呼ばれました。
陶芸家「見目木実(けんもくこのみ)」さんの工房「見目陶苑」が中心となって作品展示が行われる「KENMOKUテント村」では、LIVE企画もいろいろとり揃っています。11/3(祝)のメインイベントは阿波踊りです。演舞+阿波踊り教室&皆さんごいっしょに〜の参加型ワークショップを楽しみ、陶芸アートの町の魅力を盛り上げます。


☆ 第100回 益子秋の陶器市
 〜KRNMOKUテント村100回記念LIVE〜 ☆
 11/3(金)・4(土)・5(日)
 見目陶苑 KENMOKUテント村
 http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/(観光協会サイト)
 http://mashiko-db.net/toukiichi/toukiichi2017.html(公式サイト)
 https://www.facebook.com/mashiko.kankou/(Facebook)
 https://goo.gl/Q177n6(見目陶苑プログ)
 https://goo.gl/XaBNu5(江戸っ子連FB)

続きはこちら
posted by 見るアホミ at 19:28| Comment(0) | 阿波踊り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末情報【新丸子阿波踊り】

日曜日の大会情報です。
11月も、まだまだ複数の連がまとめて見られる市民まつり等のイベントいくつかありますが、阿波踊り単独の大会形式イベントは、毎年ここの新丸子が首都圏では最後となります。

一時消滅しかけ、また復活した新丸子阿波踊り、今年で11回目です。ここのところ、参加連の顔ぶれも定番化してきました。4連とも、比較的早めのテンポで軽快なリズムの、それぞれの特徴がよく表れた暴れ踊りが見られます。

夕方は急に冷え込む季節となりましたが、秋の午後の日差しを惜しみつつ、最後は住宅地の中でフィナーレとなるミニ大会を楽しみましょう。ここが終わると、ほんとに夏の名残の最後のしっぽにさようならする気分になるなぁ・・・(−o−)



☆ 第11回 新丸子阿波踊り ☆
 11/5(日) 13:00〜16:00頃
 東急東横線「新丸子」駅周辺一帯
 http://www.itscom.net/ch/program/blog/90937
 (CATVサイトより)

 昨年同様、地元の多摩川丸子連にとっては、3週つづけての「シン・ゴジラ」名場面地でのイベント出演です。が、21号・22号のおかげで、先々週のコスギも先週の丸子の渡しまつりも出番吹っ飛んでしまいました。マリコ連、3度目の正直でリベンジ!してください!!

続きはこちら
posted by 見るアホミ at 17:34| Comment(0) | 阿波踊り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末情報【草加ふささらまつり】

10月最後の日、世の中ハロウィンです。
先週末は連日川崎にいましたが、ハロウィンのコスプレの皆さんは台風なんか目じゃないパワーで、イベントが中止になっても帰らず、映画館や駅ビルや地下街やアーケード商店街やらが、一日中変な恰好した人だらけになっていました。渋谷もそうだったんだろうなぁ。。。

数々の阿波踊り出演イベントも相次ぎ中止になっていく中、ハロウィンイベント2連荘の粋輦さんは、ガッツリ踊れてましたもんねw 日本人のハロウィン熱、恐ろしや!?


さて、今週末も3連休の人が多いと思いますが、いくらなんでも3個目の台風は生まれないでしょう。
(^^;2週続けて雨に翻弄されてしまった皆さん、今度こそゆったり阿波日和楽めますように。
とくしまお出かけの皆さんもお気をつけて〜(^^)/

秋の地域イベント花盛りシーズン、情報出てるところから順次ご案内していきます。まずは、恒例、草加ふささらまつりの“プチなんこし阿波踊り”!?から。合同連のほうは、今年は昨年より参加人数増えて、14連、総勢200人で臨みます。

☆ 草加ふささら祭り2017 踊るん♪よさこい ☆
 11/3(金・祝) 9:30〜16:30
 綾瀬川左岸広場周辺
 http://www.soka-fusasara.net/(ふささらポータルサイト)
 https://www.facebook.com/fusasara(Facebook)
 https://goo.gl/TcnwRJ(草加市サイト)
 http://inaseren.com/fusasara2017.html(いなせ連HP)

 草加市は、もともとよさこいの方が阿波踊りよりも盛んな地域でした。越谷市と隣接してますから、なんこしの阿波おどら〜さんたちも地道に活動を重ねてきた結果、ここのところよさこいイベントのゲスト枠で、南越谷連がたくさん揃って、流派ごとに競演するプチ大会的な試みが定着してきました。

 今年は、昨年まで市民パレードの一部になっていた流し踊りも、よさこいの流し会場の中に組み込まれるようになりました。よさこいの間に断続的に出現する阿波踊りを一日楽しめるお祭です。

続きはこちら
posted by 見るアホミ at 15:17| Comment(0) | 阿波踊り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする