2016年06月03日

チケット情報【彩&寶船 KICK OFF ライプ】

久々に寶船の宣伝・・・。

プロ阿波おどら〜として、阿波踊りの新たな可能性を探求する
パフォーマンスで、グローバルなライブ活動をしている
創作舞踊集団「寶船」は、GWのニューヨーク出張出演も無事成功し、
日本の夏の阿波踊りシーズンに向け、また着々と、独自の
ステージ開拓にまい進中です。


今月は、国内のいろいろなアーティストとのコラボ企画が続きます。

明日、原宿のライブカフェ&ギャラリーで開催のイベントでは、
作詞作曲、映像編集、衣装政策、舞台美術すべてトータルプロデュースの
新鋭アーティスト「香月」さんと、
津軽三味線全国大会日本一のキラキラシャミセニスト「川島志乃舞」さん、
梅干しの魅力を最大限に引き出す「にっぽんの梅干し展」の
プロデュースチーム「BambooCut」、
「ニッポンの良いもので女の子の日常にときめきを」をキーワードに
和のあるライフスタイルを提案する「Nippon Collection」、
の4アーティストの皆さんとのコラボが予定されています。
ご興味ある人はどうぞ〜。
チケット3000円、当日会場にて。

★ POPなわたしは、日本人
 6/4(土) 19:00開場、19:30開演 原宿ストロボカフェ
 http://www.event-search.info/events/UrHAhDBjJEqlME/



そして、今、寶船関連サイトで盛んにPRされているイチオシが、
2週間後に町屋で開催予定の、和太鼓グループ彩との
競演ライブステージです。

彩は、阿波踊り関係者の中にもファンの多い、和太鼓パフォーマーです。
寶船の皆さんも並々ならぬ意気込みのようで、クオリティの高い
ステージが期待されます。

こちらは、前売り券ありでお得になってます。
パッション溢れる阿波踊りと太鼓のステージ、ご興味ある人は、
お早めにチケットお申込みください。


☆ 和太鼓グループ彩-sai- × 創作舞踊集団 寶船
   新プロジェクト KICK OFF ライブ ☆
 6/19(日) 17:00開場、17:30開演 ムーブ町屋ムーブホール
 http://takarabune.org/blog/?p=762

 寶船ブログより転載−−−−−

 和太鼓彩と寶船。
 「太鼓」と「踊り」という日本を代表する伝統芸能を舞台芸術へと進化させ、
 プロとして活躍する2チームが協同し、
 この度、一つの大きなプロジェクトを立ち上げることとなりました。

 太鼓の場には踊りがあり、踊りの場には太鼓がある―。
 「日本のおまつり」の中で活躍してきた和太鼓と踊りは、
 元々切っても切れない関係にあり、互いに高め合いながら文化を作り上げてきました。
 今でこそ切り分けられ、一つ一つが舞台芸術として進化していますが、
 改めてその両者を融合し、今の時代に求められる新たな芸能を作り上げたい―。
 そんな想いから、新プロジェクトを立ち上げた次第です。

 太鼓と踊りの原点、「日本のおまつり」を真っすぐに見つめ直しながら、
 今の日本人にとって本当に必要な芸能とは何か、太鼓と踊りの在り方とは何か。
 その答えを探し出す、長期的な一大プロジェクトです。
 コラボパフォーマンスはもちろん、太鼓と踊りの新たな可能性が垣間見える本企画。
 皆様のご来場お待ちしております。

 −−−−−−−−−−−

◇出演>

 創作舞踊集団 寶船
 http://takarabune.org/(HP)
 http://takarabune.org/blog/(ブログ)
 https://www.facebook.com/Takarabune.official(Facebook)

 和太鼓グループ彩 -sai-
 http://wadaiko-sai.com/(HP)
 https://goo.gl/b71qIe(Facebook)
 https://twitter.com/wadaiko_sai(Twitter)

◇チケット>

 全席自由、前売り 3000円、当日 3500円 (4歳以上要チケット)

 寶船チケットオンラインショップ
 http://shop.takarabune.org/items/3174834

◇会場・アクセス>
 http://www.sunny-move.com/move/

 東京メトロ千代田線「町屋」駅0番出口から直結
 京成線・都電荒川線「町屋」駅からも徒歩1分

◇問い合わせ> 創作舞踊集団 寶船
 TEL: 0422-60-2102


posted by 見るアホミ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿波踊り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック